投稿者「中村 美彦」のアーカイブ

石破さんがトランプ評論家に?

と思わせてくれたのが先週末のTBS系テレビ「報道特集」だった。 担当特命大臣を引いて以降も、地方創生こそ国家的命題と位置づけ全国各地における講演で声のトーンが跳ねあがるのが彼、石破茂さん。 かたや、大劣勢報道が全地球を席 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

けさ放送のSTVラジオ「中村美彦 日曜コラム」は〜

地域政党・新党大地の鈴木宗男代表に先週半ば、スタジオにお越し願った収録分のご紹介でした。 ネット媒体を駆使した報道と情報提供のコラボは加速し、この放送もリスナーの期待に応え、ほぼ全国でお聴きいただけております。 今回はい … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦 日曜コラム | コメントする

「スニッファー」

英訳なら「匂いを嗅ぐ人」(The Sniffer)らしい私立探偵を世に送り出した原作者は、言語圏ほか地政学上の民族性をふくめ微妙な立ち位置にあるウクライナ人。 60カ国以上が放送権を買った世界的ヒット作、日本も公共放送テ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

かなりのひねくれ者と呼ばれても・・

「球春」あって「球秋」のないプロ野球は、いかがか。 「帰属」あって「帰属先が日本なのかロシアか」が見通せないのは、いかがか。 「TPP参加国合意」あって「いや合意できない」に続く国内手続きって、いかがか。 かてて加えて最 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「ポスト安倍」は安倍さん?

との囁きが、自民党という巨大与党周辺から声高になる寸前だ。 月内に投開票が済む新潟県知事選・衆院東京10区と福岡6区のダブル補選は、ともに保守地盤の強固なところ。 それに完勝し、やや論拠に乏しい大型補正予算を急ぎ通したら … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦 日曜コラム | コメントする

「有識者会議」と今上天皇の「生前退位」論議・・

が、「お言葉」に沿える国民の総意を生むのか、甚だ危惧する事態が臨時国会初日に見受けられた。 安倍総理の所信表明演説に議席から起立し長く拍手の、いわば「大政翼賛」を彷彿とさせる光景こそ、現行憲法第1条に記された象徴天皇制を … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

蓮舫新代表誕生と加藤紘一自民党葬が・・

奇しくも重なった。 亡父の母国・台湾を慈しみながらも「私は日本生まれで日本育ち」を強調する民進党新代表が、蓮舫さん。 かたや、いわゆる「加藤の乱」で政治生命を屈折させた加藤紘一さんは以降、地元山形の選挙区の声をより聞き語 … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦 日曜コラム | コメントする

参議院3期目の蓮舫さん・・

ですが、政権選択が問われる次期総選挙にはどうされるのかしら。 参院選が与野党の政策に信任か否かの国民判断なら、党首選挙はいわば身内のお家事情を競い争うものでしょう。 ええ、ごもっとも、衆議院の優越性に鑑みご準備は万端と公 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

(「なぜ今」か一寸先は闇だから)は、朝日川柳で・・

27日に紹介された入選7句の一つ。 安倍総裁の任期延長論に一石を投じるような小泉進次郎・自民党衆議の発言を、私は未見の方だが、投稿者らしい溢れるセンスとエスプリで「解説」していて思わず頷いた。 参議をご経験の萱野茂さんか … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「(日本の憲法)我々が書いたことを知らないのか」・・

クリントン米大統領選候補の応援演説でバイデン現職副大統領は、そう言い切った。 日本時間の16日昼過ぎ、私はマイカーから流れる事実関係のみの公共放送に耳を疑い、対立するトランプ候補が唱える日本の核武装容認政策への批判として … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする