投稿者「中村 美彦」のアーカイブ

縦長の風土に見合い馴染む地域故郷の「維持」こそ「成長」の起点基軸、と再認識の参院選挙だった。

昨朝のSTVラジオ「日曜コラム」にゲスト電話収録出演の崎廣秀樹・沙流郡平取町農業支援センター主査が吐露の、着実な歩み抜きに故郷は育たないし生まれ変わりようもなかろう。今朝の道都札幌の青空と横たわる白雲の微妙な交差、格好の … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦 日曜コラム | コメントする

西陽が眩しい七夕前の夕暮れ時も・・

参院選を問い闘う車列は皆無です。本通りに片側が面す十字路なのに肝心なエポック(時期)へ見過ごされたまま、市井の民を体感し続けています。「柳に風」なら味わいも、そうは得心でき難い雰囲気を醸す道都になぜか釈然としません。来週 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

再びの開国を迫り向き合ったペリー提督へ・・

江戸幕府の遇した一つに相撲見物があったそうだ。格闘技を好むトランプ米大統領への我らが安倍宰相の今回「おもてなし」は、両国国技館升席に特注(でしょう)椅子を設えるという奇抜さを超えた離れ業(大相撲の決まり手には無い)らしい … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

トランプ米大統領への「抱きつき」ないし「朝貢(ちょうこう)」さえ疑義以上の~

近時の安倍外交ぶり。ホワイトハウス正面前でネットや国内外の各メディアが唯一得心できたのは紛れもなく、宰相夫人のいつに変わらぬ空気を汲み取れない独自の佇まいに感情抜き、国家のアンラッキーが覆ってきそうな背筋の凍てつきだった … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(かぜやわら)ぎ」〜

の、万葉集を出典とした新元号が発表された。「梅(うめ)は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き〜」へと続く、伝統的国書の一節。内外諸般の不安を払拭して余りある新世代を拓ければとしなやかな市井にあって、心してまいりたい … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

新元号は「光安」で・・

音読・訓読に向いてるし、英訳の頭文字にもふさわしく思われる。東京オリパラ審議委員を務めるイラストレーター・中川翔子さんも今朝からの公共放送テレビで、そう提起されていた。恙無い改元こそ民びと遍くの願いと信じる、1941年1 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大相撲三月場所千秋楽・・

42回賜杯を抱いた白鵬なら公共放送インタビューの際の手拍子に呼応しないと場が持たないのか?寡聞な私は、彼が帰化するとも言及していない外国籍の一現役横綱って狭い範囲の認識、だけど。齢34にしてあの柔らかい変わり身ぶりは認め … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

イチロー・・

日米通算4367本の安打数は、ピート・ローズの大リーグ記録を100本余凌駕の金字塔。 大卒ルーキーの長嶋茂雄に遅れること1年、同い年生まれの王貞治に負けじと張本勲が1959年の球春にブロの門を叩き長年、安打製造機の名声を … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

道知事ポストを退く現職女史が・・

「緊急的かつ臨時的に支援する」旨をネットや放送メディアを介し明言公言の返す刀で、3月中の中期経営計画策定を島田・JR北海道社長に求めた高橋はるみ現北海道知事の政(まつりごと)センス、道政4期16年貫かれる徹底保身ぶりに限 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

トランプ米大統領へノーベル平和賞をの安倍言辞が明るみに・・

そも、そこまで謀りかつ彼に公を乞い強いるかの確信犯的「おかしな二人」コンビ、やはり面妖怪々じゃありません?国内外で打つ手に欠く双方らしい出来レースぶりでいただけないですね。何かと無責任に過ぎる政権末期現象が心身へ沁み入り … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする