月別アーカイブ: 2014年6月

「戦後は次の戦争がはじまって、終わる」と・・

直木賞作家・桜木紫乃は著書「凍原」で、主要人物に言わせていた。 そうかもしれない、と思いあたる。 「戦後レジーム」を脱したい現政権はいまもって抜け出せない戦後からの体制転換に躍起だ。 なりふり構わず戦争のできる国に突き進 … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 | コメントする

集団的自衛権行使容認で「平和の党」に再考をうながす・・

各紙や放送媒体の論調が際立ってきたが、そこに本末転倒の「おそれ」が沁みている。 他国の武力戦争に加担させる諸要件提示で政府は、法案やそれに準ずる文書上にそぐわない「おそれ」をひけらかした。 国の許認可にいちおう無縁な新聞 … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 | コメントする

「submit or fight」

ネルソン・マンデラの自伝を映画化した「マンデラ 自由への長い道」に、彼が非白人の群集にこう問いかけるシーンがある。 「服従するか、戦うか?」を。 群集は叫ぶ、「fight!」と。 テロリスト的な言動もたしかにあった一時期 … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 | コメントする