月別アーカイブ: 2013年6月

ラジオ・テレビは許認可事業で、新聞はその枠外も・・

総務省が管掌のいわゆる放送媒体は規模の大小や地域のいかんを問わず、深慮を欠かせません。 公共放送(NHK)はとくに国費が直接投じられているぶん、形だけかどうか疑わしい面も多々ですが、各番組の内容にいたるまで注視の対象でし … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 | コメントする

倉本聰さんと「優しい時間」を過ごした・・

富良野のアトリエの17日の深更と翌18日の午前を振りかえれば、<怒り>の共有に尽きます。 8月半ば前に少数精鋭の手勢を率いて富良野で公演の「夜想曲ーノクターン」、全編を貫く作者の主張はピアノの詩人・ショパンのノクターン第 … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

16日早朝のTVh「~臥竜清談」に・・

財政再生に精力的にチャレンジしておられる鈴木直道夕張市長が、ご登場です。 そも「元気」は気の一つで、儒教の生成論を語源にさぐれますが、論より証拠がなにより。 縦長の市域にJR北海道が開発したDMV(デュアル・モード・ビー … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 | コメントする

「いつだって世論の風に~

背を押されるジャーナリストに徹してほしいな」と続けた言の葉。 広く<カミソリ>を畏怖され政界引退後も個人事務所は門前市をなした後藤田正晴さんの私への、遺訓と反すう理解の日常です。 来週10日生放送分では、「世論調査」とい … 続きを読む

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 | コメントする