16日早朝のTVh「~臥竜清談」に・・

財政再生に精力的にチャレンジしておられる鈴木直道夕張市長が、ご登場です。

そも「元気」は気の一つで、儒教の生成論を語源にさぐれますが、論より証拠がなにより。
縦長の市域にJR北海道が開発したDMV(デュアル・モード・ビークル)を営業導入したい、つまり道路とレール上の双方を走行させるモデル地域実現に向け、汗をかいています。
今年も世界の政官財トップが集ったダボス会議(世界経済フォーラム)で、YGL(ヤング・グローバル・リーダーズ)にも選ばれた若き為政者と心の糸を結ぶのはいかがでしょうか。

カテゴリー: 中村美彦の臥竜清談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です