19歳・羽生選手と41歳の葛西選手はソチで、レジェンド(伝説)に!

かたや東北の誇りと飽くなき再生への夢を世界中に届け、後者は積年の意地や執念を道産子(どさんこ)らしい言動で夜空に投射させた。
夏冬問わずオリンピックは、日本のオリンピックは、こうあるべきでしょう。
とかく国威高揚手段に駆りだされたり各種選挙の思惑に資されるのは、この国の市井人としてもう、ゴメンです。
彼らと同列で比較などしたくもないけれど、総理と大阪市長もまた唯我独尊のままで、レジェンドをめざしてはいませんか。
思想信条の相似と排他性を極めこむ物言いに、「立春」すぎなのに肌寒さが増す最近です。
ご両人のレジェンドうんぬんは、国民有権者が次回のそうした機会にしっかり見定め、後世にも誤りなく伝えていきますよ。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です