道知事ポストを退く現職女史が・・

「緊急的かつ臨時的に支援する」旨をネットや放送メディアを介し明言公言の返す刀で、3月中の中期経営計画策定を島田・JR北海道社長に求めた高橋はるみ現北海道知事の政(まつりごと)センス、道政4期16年貫かれる徹底保身ぶりに限れば不肖私もお見事、と評させていただきましょう。
が、北の大地で市井の多様な価値観に与する地域ジャーナル末席にとり看過し難い一つは、官邸と自民党本部中枢のイエス・ウーマンぶりでして、どうぞ過ぎませんようご留意を。
新知事には、政党色の希薄さを求めたい後期高齢世代の私も一人です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です