若者は離脱を望み・・

高齢者の多くが残留派を構成した英国による欧州連合(EU)を巡る国民投票。
我が日本が現実に抱え始めた憲法改正のそれに思いを馳せるとき、国民性というか生まれ育った国を愛でる精神性の発露のしかたで佇み逡巡しがちになる。
大英帝国と大日本帝國、似てて否な歴史も刻んだ東西両国にあって、次世代に伝えたいレガシーとはなにか、心すべき明日(あした)はすぐそばにまで近づいた。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です