稀勢の里のミラクル連覇で・・

大相撲の勢力地図はモンゴルから日本が奪還したようだ。
もう「情けない国技」とは言わせまい。
そのためには高安・遠藤・御嶽海などのさらなる精進が欠かせない。
実力の比較ではまだまだ、照ノ富士が代表格のモンゴル勢に引けは取るけれど。
大阪府体育館を揺らし続けた声援はそのまま、長年耐えて来た日本出身力士待望論の証左だと思う。
颯爽と上を向こう、国籍を問わず各力士とも。
そしてその中心に品格実力とも兼ね備わった日本人が居てこそ、大相撲絵巻は一段と映える。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です