猜疑心・内心・愛国心

妬むことはないが限りなく疑わしいと思う「猜疑心」が「内心」を揺すり沁みこむかの安倍政権下で、特定秘密保護法はきょう、公布された。
この法律と密接不可分な国家安全保障会議の戦略には、「愛国心」が謳われている。
日米の戦端をひらいた真珠湾攻撃の前月に生を受けた身も、早や干支を6まわり刻む師走に望外の転換期と向き合ってしまった。
心模様は、公益に棹差さなければ民びとそれぞれの自由自在を守り育んでこそ初めて、国益に昇華できる。
向き合う先に暗澹の闇が漂うのか、はたまた燭光を見出しうるか、そのまま転換期と認識の自身の器量と佇まいに帰結するだけかもしれない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です