沖縄・名護市長選挙で問われるのは〜

地域振興策そのものだし、米軍基地で潤う県民が少なくないことも現地を訪れた一人として、よく分かる。
しかし沖縄に、もっと言えば日本に、米軍のそれが在り続ける論拠に先ずは乏しくないか。
「トランプ頼りの安保法制の実質運用面に弾みをつけたい、安倍連立政権好みらしい橋頭保作戦」と訳知り顔の県内外の声は、ある高みを超え北辺の地にまで届いてくる。
「首相続投の碑(いしぶみ)にしたいんじゃないの」と訝る広範な市井にどう向き合われましたか、我らが行政府の頂きに立つ安倍さんは?
え、「地方選挙だから私は・・」なんて、とても聞く耳持てませんね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です