汚染水の制御を国際公約にした安倍さんは・・

国民にマニフェスト(広義の約束ごと)宣言もなので、そのまま「政治責任」として、7年後のオリンピック開催当日までの「結果責任」を自らに課した。
われわれ市井に生きる多くはこの重くきびしい事実を忘れないだろう。
加えて、われわれ放送媒体に係わる者はこの懸案の行く末に目をそむけはできず、忘れ去れもしない。
質と器量を問われるのは宰相も例えて地域メディアも、同列のはず。
東日本大震災が誘発・惹起した「人災」を償うのは、この国の民(たみ)びとでしかなくて。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です