民主党・岡田新代表は細野グループと折り合えるか?

思想的にウルトラ・ライトと言える安倍政権に対峙するには決選投票で、党内左派のリベラル系議員票獲得が必須だった。
原理主義的な思考を揺らさない新代表も、もともとは小沢一郎さんを政治の師と仰ぎ選挙制度改革をうたって離党した、ひとり。
しかし厄介なのは、細野さんもいわば保守主義であり、ライトに遠くない。
党内で実質的な派閥を率いる彼を、どう遇するか喫緊の課題だ。
維新をまとめる江田さんや影響力はまだ削がれていない橋下さんとの微妙な距離感もまた、これから随時に問われていくだろう。
代表選挙で打ち上がった冬の花火は、ひと時のあだ花のままで光を失うのか、有権者として係わったそれぞれが責任を担ってこその民主主義である。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です