橋下さんって、政治家でしょ!!

この2回(2週)の生放送をお聴きくださった異なるリスナーから、そんなクレーム(?)が私あてに直接とどきました。
「政治家じゃない!」と断じた私へのご批判・お叱りでしょう。
少し長くなりますが、以下をお許しください。

三省堂国語辞典によれば、「政治」は名詞なら<社会を住みやすくするため、国や地方の大きな方針を決めて実行すること」と記されています。
次いで「政治家」の意を名詞では<政治をおこなう人>で定義し、いわゆる俗語に<(1)政治的手腕を持っている人>や<(2)策略をめぐらす人>が並びました。

多様な有権者から負託され地域の為政<=政治をおこなうこと>トップにいる彼の立ち位置は肯定の私も、前掲の名詞や俗語に倣えば自身の一般認識と価値観に照らし大きく揺らぎ否定的でさえあります。
司法実務に精通の橋下さんに対峙していただく俗語の世界は自治体行政に数知れずと察しつつ、市井はいつだって良質の「政治」を求め付和雷同などしないはずです。
あえて、ご油断召さるなと機会を得たら申しあげるつもりでおります。

そうそう、現政権中枢にはかっこうな他山の石とみなし、遠くない過去の所信表現とは違う言の葉をお口の向きもおありでして。
石原日本維新の会共同代表を自由民主党現副総裁が「これまで政治家と思ったことはなく、作家」と決めつけておられるのも一面、いかがかと。

あくまでご参考までに。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です