来週27日に満95歳を迎える~

中曽根康弘元総理が9年前に新潮社から上梓の「自省録-歴史法廷の被告として」を、今日の生放送で紹介しました。
いわゆるオビには、次のように綴られています。

<総理の一念は狂気であり、首相の権力は魔性である>

ひるがえって、この6月に生誕44年目をきざむ橋下徹大阪市長の慰安婦問題をめぐる最近の言の葉は、国内外を問わず思想信条も問わず不可解この上なく、地域ジャーナルに加わる一員として累推できるすべてを持ち得ません。
ただ、一国の政(まつりごと)を近く遠くの未来に担われたいのなら、29歳の衆院初当選時に政界の青年将校とささやかれ自認もなさっていた中曽根語録への感想をぜひ、お聞きしたく思っております。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です