帰国するエアホースワンから〜

トランプ大統領が安倍首相に電話で伝えたという米朝首脳会談の一連の件(くだり)で、「拉致問題解決済み」に金委員長が反応を示さなかった旨を自民党役員中枢が首相から直接聞いた、と国内の一部メディアは今日、報じ始めた。
凡庸な末端ジャーナリストの私がつい近時として思い返えせるのが安倍首相と、ごく親しい加計(かけ) 学園理事長の会ったか否かの摩訶不思議な事象に留めを刺す。
国際政局に与える多岐多様な次元はさて措いても、我らの宰相に纏わる景色はこのところ梅雨時雨そのもので、市井にはまったく見通せない。
まだ米朝両トップからは個性の優る意図が窺え、ある意味得心もできるが、同胞(はらから)にしっかり伝え切れないとしたら大いに危惧し嘆かわしくも思われてくる。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です