安倍さん主導で立ちあがった情報保全諮問会議ですが・・

いわゆる関係各界の有識者は集わせたものの、その総員で特定秘密保護法のなにかが覆るわけではありません。まして、民びとの声をすくい取とれる現場にどれほど近い距離に諸賢は佇まれていらっしゃるのでしょうか。
座長を担われる渡邊恒雄・讀賣新聞グループ本社代表取締役会長兼主筆は、この国の近代政治史において稀代の悪法と評価の定まった治安維持法を例示し、<その末期を体験的に知る私が係わる限り健全な法施行をしかと見届ける>旨を初回会議を取材した記者陣に明言のご様子です。
さて、そうなりますか。
市井はあまねく眼(まなこ)ないし心眼を凝らし、注視させていただきます。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です