内閣総理大臣・安倍晋三さん

2018年9月末までの再任、おめでとうございました。
じつに周到果敢な広範戦略に裏打ちされていて、さすが権力の頂きとは斯様なものかと妙に頷いております。
残すは総理、形骸化に蝕まれてきた憲法改正より、東京オリンピック・パラリンピック2020開催時の宰相ポストのはずでしょう。
祖父の岸信介さんは前回の東京開催が決まったときの総理でしたが、開会中のトップを池田勇人さんに譲っておられました。
そんな彼も閉会式の翌日に体調不良で退陣を表明、大叔父の佐藤栄作さんの登場に繋がります。
はい、おじいちゃんも叶えられなかった快挙(?)へのウイニング・ロード、すでに歩まれていらっしゃいますね。
そうです、次の任期半ばのどこかで影響力を保持したままいったん引かれればよろしいのです。
引くタイミングの学習効果は第一次内閣で痛いほど体感されておられますし。
もちろん、甘受する民度かどうかを見誤られないのに尽きるとは思いますけれど。
たとえて石破茂さんとの鋭意ご相談など、いかがでしょうか。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です