内閣支持率の高さと・・

選挙に強い二枚看板で「安倍一強」の立場を築いてきた首相にとって、都議会選挙惨敗はお灸ではなく大やけどになったと伝えてきたのは、ジャーナリストの後藤謙次さんだ。
前後して彼は綴っている。
盤石に見えた安倍政権もやはり勢いだけでは立ち行かなくなるという政治の世界の冷厳な現実が目の前に広がっている、と断じた。
今回の政権危機は安倍首相自身が呼び込んだ事態だけに本人しかその活路を見出すことができない、と続く。
政策的な失政ではなく政治家の信用に起因する問題だけに挽回策がないのも実情との「読み」に、彼我の差はあっても加担したい。
来年9月の自民党総裁選での三選についてなら、永田町の既定路線は怪しくなり国民世論も後押しはしまい。
ここまで来て、やっと政(まつりごと)の現場と市井の民(たみ)の感情が交差しだしたのを安堵すべきか、いかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です