今上陛下ご夫妻と〜

サイモン・ラトル指揮「ベルリン交響楽団東京公演」の一夜、最前列ほぼ中央から右肩越しに穏やかな眼差しが注がれるのを感じさせていただき、まだ幾年も経てはいない。
悠揚迫らぬ当代有数の名コンダクターと気鋭の邦人男性第一バイオリニストが奏でる極上の調に、一度ならず前屈みになられがちな両陛下が推し測られてきた。
時は移ろい今日の宮中参賀では言の葉に、恙無い生前ご退位を望まれるお思いも沁みておられた。
末長い民びとの象徴であり続けていただくことを念じている。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です