ラジオ・テレビにかかわらず情報系の各番組で~

「事象を問いかけるスタジオ内やプロデューサー・ディレクターが、自身のつむぐ言葉と妙に遠くなるのは、当該現場から離れすぎたのを手元資料でカバーを試みるゆえんからでしょうね。リスナーはそうした現実を全国規模でえてして肌身に感じてるはずですし、スタッフが楽をしがちな質問の手作りも先細りの誘発でしかありません。ブロードキャスト、とくに地域のそれは、根腐れしない程度の微妙な養生が四季に肝要です」
体験的メディア論の前提を、そこに据えていたい私がいます。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です