ハワイ真珠湾奇襲の前月に生を受け・・

「戦後70年」を来夏に刻むだろう齢にとって、平和主義の重さは痛感に値してのいまがある。
慎ましくも心豊かな地域社会が育んでくれた礼節や長幼の序、いくぶん遠慮がちだった背を笑顔で押し支えもされての他国滞在の日々。
国内に落ち着き、より長じるにしたがい思いも悩みもしたのが、国際化のもとでの人間関係や「法治」と「人知」が複雑にからみ合いせめぎ合う平和国家への道のりの有りようだった。
とまどうことなく躊躇もせず、いわゆるインテリジェンスの発露で次世代につなぐ役割こそが、私たち「60年安保」をくぐった各層に求められ続けていると自覚したい。
良いお年をそれぞれにお迎えください。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です