ソフトバンク・ホークスが制した日本シリーズ・・

のMVP(最高殊勲選手)は内川聖一選手で受賞インタビューの締めくくりが、「俺がやる」だった。
ことしのチーム・スローガンを地元ヤフオクドームの天井に高らかに響かせた。
「外国人(助っ人)シリーズ」や「脱東京シリーズ」とかネーミングされる中、1996年以来の外国人MVPは生まれなかった。
21世紀に入っていまだ、国産選手の牙城は揺るがない。
このシリーズをときおりラジオで聴く限り私は、「地方創生シリーズ」初年と命名する。
一極集中といわれ続け富と財力に知恵までが東京に偏っているように見せて、どっこい関西や九州はしっかり自己主張を欠かさない。
実は地方こそ、東北も北海道もしたたかだ。
妙に声高にいつも「俺がやる」をご主張の一強多弱・永田町のトップ、安倍さん。
あなたにこれからも国政を委ねるべきか、この日本シリーズがそう考え直す端緒についたと信じる。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です