とにかく〜

フリーで氷上を躍動した羽生弓弦・宇野昌磨の男子フィギュア金&銀から、巷(ちまた)でテレビ観戦するピョンチャン冬季五輪の眺めようが一変した。
日常的な努力に裏打ちされたピークは、小平奈緒の女子スピードスケート500メートルでまとまり弾けもする。
国際社会の艱難辛苦(かんなんしんく)なんのその、平成の御世を受け継ぐ若い民びと男女は、高々と掲げた灯火をしっかり次代に手渡してくれるはずだ。
そうでしょ、安倍総理?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です