いわゆる籾井(もみい)テレビの「クロ現代」キャスターを

国谷裕子さんが春改編を機に実質、降ろされることになった。
いちおうの公共放送にあって、カルチャー仕立てなら、ここと自前キャスターによる「Nスペ」に指を折る向きは少なくない。
現総理のご意見番的「お友達」筆頭を装う麻生副総理兼財務大臣からの声がけで生まれた籾井NHK会長、就任後は麻生大臣に負けず劣らぬ安倍一強体制の申し子に甘んじ恭順だ。
ニュース報道と並列しての調査報道充実は先進諸国のいわば国是に相当しよう。
どうする籾井テレビ、どうなる籾井テレビ、そしてどう変わるかこの国の国営放送全般、しばらく視座を低くして問題提起させていただこう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です