いかがか横綱白鵬の・・

今日の嘉風戦での土俵ぶり。
立会いの呼吸が合わないなら即座の「待った」もあろうに、立行司の軍配が返り「残った」の声が聞こえての力の抜きようはどうにもいただけない。
国技の大相撲にも近代スポーツとしての諸改革や風紀改善は喫緊の課題のはずだし道半ばなのは、市井の好角家ならずとも先刻承知していよう。
加えるに、日馬富士暴行疑惑が日々に今年の国内社会現象で際立ってきた。
長く角界をリードし続ける第一人者への賞賛敬意は当然に数多だし不変だが、今回のクレームの付けようはルール上においても禍根を残して余りあると思う。
1年納めの九州場所も残りわずか、名実ともの復活再生を関係者一同に託したい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です