「submit or fight」

ネルソン・マンデラの自伝を映画化した「マンデラ 自由への長い道」に、彼が非白人の群集にこう問いかけるシーンがある。
「服従するか、戦うか?」を。
群集は叫ぶ、「fight!」と。
テロリスト的な言動もたしかにあった一時期をへて27年間の投獄、そして南アフリカ国民の全人種に選ばれた大統領の椅子。
就任から20年がたったいま、国際社会に古くて新しい人種間格差がうずまき利権もはびこる。
きのう、集団的自衛権の行使容認をせまる安倍政権と政権与党の動きに否定的なコメントをしたあと、ラジオ・スタジオを抜けての居場所はシネコンの一隅だった。
服従はもってのほか、戦いも忌み嫌うひとりが希求するのはただ一点、平和主義に守られる自由な市井環境でしかない。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です