「JR北海道って、どうしちゃったんですか?」と・・

私に問う生粋の「乗りテツ」「読みテツ」は、自民党幹事長の石破茂さん。
学業を終え就職する先に当時の国鉄はどうかと、これまた生粋の内務官僚ご経験の父上に相談したところ、「止しなさい、あそこは民営化するのが決まっとる」
それでも、いまも時間が許すなら長距離の夜行列車に耽溺のご様子。
かたや、問われたこちらの応じ様はただ一つ。
「なにより、労使相互の信頼感が乏しくなっているのではないでしょうか」
「関連でつけ加えれば、本業以外にグループ内でビル・スペースを賃貸する営みなどが本来の運輸サービスを人的にかまけさせていないか危惧しています」
「さいきんの漏れ聞きですが、新築なった北海道東京事務所の建物の管理運用面かにもグループが一角を為しているそうです、もちろん是非は措いて」
市販の時刻表どおりに発着し世界に冠たる精密無比ぶりは、いずこへ。
再生を念じつつ、週明けのラジオ放送で話題に俎上させるつもりでおります。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です