「選良」って、<選ばれたすぐれた人、とくに代議士>なの?

いや、一義的には<すぐれた人を選び出すこと>なんですね、仕事場に戻り「広辞苑」で確認してみましたら。
昨年末の総選挙における一票の格差を、全国各地の16高等裁判所のうち14ヶ所が「違憲判決」と断じ、なかでも広島高裁と同所岡山支部は選挙の「無効」にまで言及のゆゆしき国家的課題は、年内もそう遠くない時期の最高裁判所による統一見解につながっていきます。
立法府をあずかる代議士(衆院議員)の身勝手な怠慢ぶりをただあきれるだけでなく、ここは私たち有権者が「選良」たり得たかきびしく冷静にみずからに問い直してみてはいかがでしょう。
来週、その関連で憲法に踏みこむと和久井ご意見番はおっしゃり、受けて立たせてもらいますね。
それぞれ、お健やかに。

カテゴリー: 中村美彦のどさんこ元気塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です