「由由(ゆゆ)しきことで、誠に遺憾」に続き・・

「私(所管大臣に加え副総理の意か)としても深くおわび申し上げる次第」の相手は、もちろん国民有権者や納税者なんですよね、麻生太郎さん。
正式の関連記者会見前のコメントから引用しましたから後刻に移ろわれるかもしれませんが、ご自身の進退を問われたその時点では「考えていない」と即答なさったように伝わってきました。
母方の祖父でいらっしゃった吉田茂首相譲りをお会いする側に彷彿とさせる軽妙洒脱な受け答えは、とてもとても現首相が到達可能な境地とは思えませんね。
それゆえ、無理が過ぎてる言辞に、窓越しの夕陽を浴びながら同世代生まれの不肖私の心は、ひどく傷んだままです。
ご翻意こそ、心待ちにさせていただく市井の一人でもありまして。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です