「デサフィナード(音はずれ)」

手練れの中村八大さんが意味深に弾くボサノバの名曲です。
原曲が生まれたのは1959年のブラジル。
キューバ革命が正月元旦、4月10日に今上天皇が皇太子殿下としてご成婚、7月にはチェゲバラ来日の年でした。
STVラジオ「中村美彦日曜コラム」スタートを機に私が番組ディレクターの山口圭君(今も彼)に相談したのが、テーマ曲を選んでもらうことです。
やっかいな著作権に抵触しないこと、黄泉に急がれるまで厚誼を続かせていただいた永六輔さん激賞の八大さんが弾くピアノ曲なら嬉しい、のそれこそ厄介な注文に応えてくれたのがこの曲でした。
いろいろ想いは絡まりますがリスナーの皆さんに私らしいと思われれば、殊の外の喜びです。

カテゴリー: 中村美彦 日曜コラム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です