「オルタナティブ・ファクト」(もう一つの事実)をかざし〜

各種メディアの、就任式に集った人数の公表過程をあからさまに疑うトランプ米政権初動に併せた、安倍首相公式訪米と断じたい。
北朝鮮による日本海へ向けたノドン発射という挑発行為など、しばし我が国内は喧騒しきりも、「サスペンスとディール(取引)」に強い関心を寄せる米大統領にはどうだろうか。
東アジアにおける同盟国との外交防衛戦略はいつの世にも米国主導の基軸から外せないが、伝統的な共和党政権回帰とも相俟う「国境税」意識を強いられては、閉口しがち。
今年の国政は安倍一強体制の弊害と果敢に向き合う、もう一方の保守本流の台頭を望み、待ちたく思う。

カテゴリー: 中村美彦 日曜コラム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です