「きょうの主権回復式典にお出かけでしょうか?

こちらはあいにくのお天気ですし、南の沖縄の人々の気はいちだんと晴れないかもしれません。式典を終え領土交渉加速をうながすべく日ロ首脳会談に向かう現総理へのお思いも、いかばかりとぞんじますが。」
私用の携帯電話に留守電を入れたお相手は、鳩山由紀夫(元総理)さん。
彼をふくめ、2月25日の夜に札幌でNPO法人「北海道グラウンドワーク」が催した北方領土や沖縄米軍基地を考える集いはブックレット「対米従属を問う」に形を変え、東京・旬報社からこの連休明けにも全国発売されます。
なにかと進行役の私なり、ある種の感慨が身に沁みこむまだ肌寒い北の大地です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です