「動」の久米宏さんと「静」のカズオ・イシグロ氏が・・

その著書で広範な脚光を浴びている。
前者が73歳の著名フリーアナウンサーなら、後者は故国・長崎生まれの英国籍も今年のノーベル文学賞作家だ。
メディア媒体の盟主としての「テレビ全盛期」を軽やかに走破の前者と、やや寡作ながらも後者が注目され続けるこの四半世紀は国名抜きの「世界文学」の時代到来と言えるだろう。
ネット党首討論が常態化の総選挙結果を市井サイドから如何に刮目すべきか、地域ジャーナル末席の私は存外に忙しく気張っている。
これ、久米流なら76歳間近な私の「終活」の一つかも?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「国難突破解散」って、ネーミングが違いません?

「安倍長期政権死守解散」でしょうに。
お人柄の抜群さなら、小泉内閣当時にいくどか官邸でインタビューさせていただいた凡庸怪異の私も、大いに認める末席です。
しかし今回は国民に政権選択を問う「大義」に、おっしゃるほどの説得力を見い出せません。
「少子高齢化」への対応は遅きに失したご自身へのツケが回ってきたもの、「北朝鮮情勢」打開に至ってはトランプ米大統領の危うさとコラボしてて落ち着けずにいます。
メルケル独首相の長期政権も、コール前任に近づくと統治能力に綻びやくたびれが伝わってきつつ、でして。
大義は民びとによって生まれ歩むのが、出来秋に沿う民主主義じゃありませんか。
いかがでしょう、我らが安倍さん?

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ケレン味と無縁な夏の甲子園は・・

文字どおりノーガード勝負だから、滝川西も北海も玉砕に等しく。
道産子サイドに立ち、閑話休題して先の大戦のサイパンや沖縄を思い起こせば、ほぼ全滅を美化し「玉砕」って。
民間人に犠牲を強い美化を声高に叫ぶ国家の異相と異常さはそのまま、いま現在の北朝鮮・アメリカ両政権のチキンレースからも嗅ぎ取れるはず。
トランプ加担は盲目的に過ぎませんかを問う国内あまねくの民びとへ安倍さん、しっかり向き合い得心させられます?
そこにこそ、敗戦被曝国・日本の拭い去り難い病巣が滞留し続け、幾星霜を刻むも平和国家としての凱旋歌に無縁なままじゃなかろうかと訝ってしまう週末で、なぜか情けなくなる。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

内閣支持率の高さと・・

選挙に強い二枚看板で「安倍一強」の立場を築いてきた首相にとって、都議会選挙惨敗はお灸ではなく大やけどになったと伝えてきたのは、ジャーナリストの後藤謙次さんだ。
前後して彼は綴っている。
盤石に見えた安倍政権もやはり勢いだけでは立ち行かなくなるという政治の世界の冷厳な現実が目の前に広がっている、と断じた。
今回の政権危機は安倍首相自身が呼び込んだ事態だけに本人しかその活路を見出すことができない、と続く。
政策的な失政ではなく政治家の信用に起因する問題だけに挽回策がないのも実情との「読み」に、彼我の差はあっても加担したい。
来年9月の自民党総裁選での三選についてなら、永田町の既定路線は怪しくなり国民世論も後押しはしまい。
ここまで来て、やっと政(まつりごと)の現場と市井の民(たみ)の感情が交差しだしたのを安堵すべきか、いかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「敵の敵は味方」のはず!?

喩えて、韓国と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)がニッチもサッチも行かないかと言えば、中国が何かにつけ介在して来るしロシアも一家言を隠そうとしない現況の打開は至難と思える。
我らが宰相の安倍さんを盾としがちなトランプ米大統領も、それはオバマ前任や小姑的な立ち居振る舞いの欧州諸国への当てつけで、本心は娘婿や最側近を通じた「プーチン命(いのち)」で、こちらこそ盾にしたいのじゃなかろうか。
国際政治の表舞台を彩る現実的な長さと経験において、クレムリンの主(あるじ)を超える可能性を有した材を私は、あいにくと見い出し難い。
那覇の首里城址を彩る展示コーナーに朱色は映える。
「九州沖縄サミット」に連なった各国指導者の記念写真の中に、はにかむ笑顔の彼は居た。
パレスチナ和平交渉の仲介に疲弊し、やや複雑な表情が滲むクリントン米大統領とは好一対、だ。
仮に安倍さんが自民党へ政権奪還後3期9年務めきったとして「赤い国」は誰が治め、日本にとり悲願の「北方領土返還」も成就か。
加えてプーチン氏はその時、いかなお立場?
民びとのあらゆる感性の発露がそれだけ問われていると再認識したい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

改憲し自衛隊の存在を・・

明記させたいのが安倍自民党の概ねなんでしょうね。
しかし連立与党を組む公明党は現段階じゃ、「そこまでは時期尚早」でしょうか。
立党以来の党是に昇華させたい自民党も平和と福祉が党是の公明党も、相当数のシンパサイザー・共鳴者&後援者に支えられ歩を進めてきました。
片や、他動的な成立過程も現行憲法によすがありと訴える各界各層も依然として国内外で牙城を崩していません。
私のような地域各地で忌憚なく触れ合うジャーナリストにとっては、なにより熟柿主義で生き続けたいものです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

今年こそ日本シリーズを制覇か、広島カープ!

昨シーズンのリーグ勝ち頭を野村と分け合ったジョンソンが出足で躓いたものの、この1敗のみで東上し、明夜から対ジャイアンツ3連戦。
果たして「鯉の季節」5月をさらに彩れるか、ここは固唾に値しよう。
地元の広島・マツダスタジアムでシリーズ開幕2連勝スタートも、躓いたまま敵地でファイターズの勝鬨を聞く恥辱に塗れたのも、同じ去年だった。
走攻守に円熟期入りを予感させる野手陣が揃い、新人投手に慶大エース・岡田を迎えた布陣は、ファンか否かの枠を超えて観る側の心を熱く弾ませると信じたい。
ここまで綴って、閑話休題。
国連安保理が未だ認めていない米国のシリア空爆、軍事行動は最後の一線でしょう。
カードにもハートはあるのに、かのトランプ拙劣の一手かと危惧する末席で。
もちろん、ファイターズの本拠地移転も大いなる関心事ですがねぇ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

稀勢の里のミラクル連覇で・・

大相撲の勢力地図はモンゴルから日本が奪還したようだ。
もう「情けない国技」とは言わせまい。
そのためには高安・遠藤・御嶽海などのさらなる精進が欠かせない。
実力の比較ではまだまだ、照ノ富士が代表格のモンゴル勢に引けは取るけれど。
大阪府体育館を揺らし続けた声援はそのまま、長年耐えて来た日本出身力士待望論の証左だと思う。
颯爽と上を向こう、国籍を問わず各力士とも。
そしてその中心に品格実力とも兼ね備わった日本人が居てこそ、大相撲絵巻は一段と映える。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

被災6年の東松島市役所に赴き〜

年度末で任期2年の半ばを終える法テラス所属の阿相(あそう)裕隆弁護士の初任地は、道東・釧路。
3/12(日)8:00からのSTVラジオ「中村美彦 日曜コラム」の電話ゲストが、彼。
同テラス内で5年、全国指折りの漁獲量を誇る水産業や居住人口にも勝る酪農牛に囲まれた地域性にあって、なぜか苦悶しがちな市井の「非日常」打開へ向け少壮の法務専門家としての血を滾らせていたかに窺える。
たまたま、釧路市内で私が例月の講師を務める異業種勉強会に知人を介し加わって以降は、「老爺と孫」的な交誼も深まり、結果としてなら彼の被災地転属の背を押しもした。
えてして、震災被害者が発生当日の言動に寡黙ぎみなのは、家族との永遠の別れや望まぬ離散など痛恨慚愧と正比例しようか。
そう遠くない時季に今一度、釧路へ戻り働きたいと願う彼に胸襟を開き、地域減災が加速するのを念じる私も一人の傍観者に位置付けされたいと、切に。

カテゴリー: 中村美彦 日曜コラム | コメントする

「オルタナティブ・ファクト」(もう一つの事実)をかざし〜

各種メディアの、就任式に集った人数の公表過程をあからさまに疑うトランプ米政権初動に併せた、安倍首相公式訪米と断じたい。
北朝鮮による日本海へ向けたノドン発射という挑発行為など、しばし我が国内は喧騒しきりも、「サスペンスとディール(取引)」に強い関心を寄せる米大統領にはどうだろうか。
東アジアにおける同盟国との外交防衛戦略はいつの世にも米国主導の基軸から外せないが、伝統的な共和党政権回帰とも相俟う「国境税」意識を強いられては、閉口しがち。
今年の国政は安倍一強体制の弊害と果敢に向き合う、もう一方の保守本流の台頭を望み、待ちたく思う。

カテゴリー: 中村美彦 日曜コラム | コメントする